FC2ブログ

2012年09月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

伝説のナンパ師、典之と居酒屋へ

一昨日、夜10時に新宿のアルタ前で典之と待ち合わせした。



すると、典之はタクシーからサングラスをかけて突如登場した。



典之『おっ!!はるき。久しぶり、』



はるき『ご無沙汰しております。』




典之『じゃあ!!いこう』


はるき『はい』




新宿歌舞伎町の居酒屋に入る事に。



典之『六本木も今、悲惨な状況だな』


はるき『そうですね。連日ニュースで取り上げられ』



典之『でも、今回の事件は無差別でなさそうだ』


はるき『まぁ、被害者の地位や過去の経歴からそうなんでしょうね』



典之『ところで、はるきは今後六本木でのクラブ活動はどうするんだ?』


はるき『う~ん、悩みます。やはり気がかりではあります』




典之『六本木の世界に入って俺も長いけど、喧嘩なんてしょっちゅうだよ』


はるき『びびりますよね』



典之『まぁ、俺は度胸ある人間だから逃げずに割って中に入り止めてきたよ』


はるき『さすがですね。典之さんは人間として憧れます』




典之『俺は、喧嘩が昔から嫌いなんだ。暴力振るえば何でも片付くなんて

    大間違いだ。人の人生を奪ってはいけないんだよ』


はるき『ごもっともで御座いますね。』



典之『そういや、alifeでもあったな~

はるき『詳しく聞きたいです』



典之『いや~連れの女に手を出したナンパ師と彼氏がもめちゃってさ~』


はるき『うひょっ』



典之『俺もその時は女の子と楽しくお喋りしてたんだけど止めに入ってね』


はるき『正義感強いですね』



典之『まぁ結局、俺がなんとか止めて和解させたんだけど。

    その彼氏とナンパ師からお礼言われて結局彼氏の連れの女も含めて

    4人で居酒屋で飲んだ記憶があるなぁ』


はるき『それって。伝説じゃないですか(笑)』



典之『だからなっ!喧嘩ってのは固執してしまいがちだけど

    視野を広げるとまた状況は一転するんだ。これはナンパにも言えるぞ』


はるき『そうですね。意味理解してます。

     つまり、常に全体を見ろと言う事ですよね?』



以下省略





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ナンパ師として認められる時

それは、第一に礼節を重んじる事です。

言葉遣い、お礼(感謝)、時間厳守など

常識中の常識ができる事が最低条件です。



その上で、即なり番ゲなり増やしていくのは良いでしょう。



私は、常に礼儀作法について拘りを持った男です。

ナンパも基本敬語をベース



仲間を思いやる気持ち

自分に厳しく人に優しく



礼節を重んじる事とは何か?



まず何事を習うにしても素直に応じて習うのでなければ、目的に到達することは出来ません。


礼を尽くし、尊敬をもって一切を師に任せて従って行く態度でないと師の持っているところのものを自分のものにすることは出来ません。師と心が一つになった時、初めて師のもつものが自分に乗り移って来ます。これが真の意味の習得です。


節度は折目正しく、敬意を払い、出所進退を程よくして、師のもつ態度を常に見習い、真似して、よい所を吸収せねばなりません。

何か堅苦しいことのようですが、習う人の最初の資格を問われるようなもので、礼節が守れない者は習得する資格はありません。


礼儀正しく節度を保つ修業態度でないと、本当の意味での鍛練の成果を期待する事は出来ません。


礼と敬が、ものを学び、習うことの最初の資格条件であり、登竜門であることと、学術・技術そのどれをとりあげても、初期の目的を達成しようと志す者はこのことを特に肝に銘じておく必要があります。





礼節を重んじる事のできない輩は、食べ物や着るものがないほどに貧しいと人に思いやりを持つ余裕すらなくなるという例えがあります。



礼節を重んじると言う事は同じナンパをする仲間としても大きな

目安となる事は間違いありません。



ナンパの世界で成功を納める人は、私は何人も目の当たりにしてきています。

その先人たちの背中を見て私も育ちましたが、皆に共通しているのは

敬語や謙譲語を上手くこなし、女性をおもてなす力量があります。



以上、礼節に重点を置く理由を今日はお話致しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。