FC2ブログ

カテゴリ:伝説のナンパ師 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

伝説のナンパ師、典之と居酒屋へ

一昨日、夜10時に新宿のアルタ前で典之と待ち合わせした。



すると、典之はタクシーからサングラスをかけて突如登場した。



典之『おっ!!はるき。久しぶり、』



はるき『ご無沙汰しております。』




典之『じゃあ!!いこう』


はるき『はい』




新宿歌舞伎町の居酒屋に入る事に。



典之『六本木も今、悲惨な状況だな』


はるき『そうですね。連日ニュースで取り上げられ』



典之『でも、今回の事件は無差別でなさそうだ』


はるき『まぁ、被害者の地位や過去の経歴からそうなんでしょうね』



典之『ところで、はるきは今後六本木でのクラブ活動はどうするんだ?』


はるき『う~ん、悩みます。やはり気がかりではあります』




典之『六本木の世界に入って俺も長いけど、喧嘩なんてしょっちゅうだよ』


はるき『びびりますよね』



典之『まぁ、俺は度胸ある人間だから逃げずに割って中に入り止めてきたよ』


はるき『さすがですね。典之さんは人間として憧れます』




典之『俺は、喧嘩が昔から嫌いなんだ。暴力振るえば何でも片付くなんて

    大間違いだ。人の人生を奪ってはいけないんだよ』


はるき『ごもっともで御座いますね。』



典之『そういや、alifeでもあったな~

はるき『詳しく聞きたいです』



典之『いや~連れの女に手を出したナンパ師と彼氏がもめちゃってさ~』


はるき『うひょっ』



典之『俺もその時は女の子と楽しくお喋りしてたんだけど止めに入ってね』


はるき『正義感強いですね』



典之『まぁ結局、俺がなんとか止めて和解させたんだけど。

    その彼氏とナンパ師からお礼言われて結局彼氏の連れの女も含めて

    4人で居酒屋で飲んだ記憶があるなぁ』


はるき『それって。伝説じゃないですか(笑)』



典之『だからなっ!喧嘩ってのは固執してしまいがちだけど

    視野を広げるとまた状況は一転するんだ。これはナンパにも言えるぞ』


はるき『そうですね。意味理解してます。

     つまり、常に全体を見ろと言う事ですよね?』



以下省略





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

伝説のナンパ師


当時、クラブa-lifeが絶頂だった頃に

典之がさまざまな戦術を教わった。



これこそが自分が書いているリーマンナンパマスターズの根本の一部である。



ある日に典之とは、a-lifeの1階のシートで出会う。



私はその日、午前10時半に一階のシートでお酒を飲みながら座っていると

典之は一人で早くも女の子に声をかけていた。



身長170cm、お洒落スーツを上品に着こなし、髪型はミディアムの茶髪

アクセサリーを上手に使い顔は半田健人似の男である。



次から次へと軽妙なトークで軽快に番ゲしていく姿に惹かれた。

当時、自分はクラブ初心者のa-lifeでは成果が出ていない小心者。



典之が女の子と会話が終わるのを待つことにした。

午前11時半にその場面はてきた。



はるき『こんばんは~。いや~見てましたよ。凄いですね』



典之『あ~。今の?ちょろいちょろい俺にとってナンパなんてゲームだよ』



はるき『服装もa-lifeに合っていて素敵です。』



典之『やっぱり、クラブの系統に合わせるって事は必要だと思うからねぇ』



はるき『お一人ですよね?』



典之『うん、一緒にやるかい?』





はるき『喜んで。』



典之『じゃあOK!!』



その後、典之との初コンビによりその日の典之の収穫は驚異の15番ゲだった。

返信率8番ゲだったそうです。



典之とやると結果が著しく良くて返信率も上がる。

これってなんでだと思います?



典之の細かい僕に対するケアが巧妙に仕組まれていたからなんです。



今日は少しだけその仕組みを教えます。



①女性に対して礼節を重んじる事



②女性を常にお引き立てする事



③あからさまにナンパしている気配をなくすこと



この3つをまずはご紹介しておきました。



典之は計算高く、一人一人を凄く大切にし

あくまで素人を装うプロ中のプロであった。



典之が教えてくれた事は。



とにかくオーラを消せ。

今来ました的な雰囲気を常に醸し出し

慣れてる感を消すことで、新品をアピールする狙いがある。



誰しもが中古品より手垢のついていない新品の物を欲しがる。

その応用はナンパでも同じと言う事を一つ学んだ。



まだまだあるが、またいつか典之の技術書きます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。